イミフwww


はじめまして
【お知らせとか】
TOP絵募集中><
頂き物      
   10 11
サイト名一覧表(仮
【日記】
mixiやってるお
myspace
絵ブログ
【特選】
最近人気あるスレ
名スレは自分で探すもの
と↓の更新なしの言い訳><
月別特選スレ
俳句書いてけ
みんなのうたで萌えた
ジャムパン仕掛けた
すげぇ発見したかも
新ジャンル「児玉 清」
最強のエロゲムービー
野菜をレイプする
ライアンですが
スプー 映画予告
クイズこれなんてエロゲ
DELLユーザー驚愕
胸を隠してる女の子
立体的に見える画像
5 0 の 事 実
警察署でジョジョ立ち
きんたま袋のシワ
良かった、童貞で
1分で絵描いてみるか
1000行ったら生きる
スラムオナニー
彼氏いない女の子おいで
ひぐらしがなくですの
暴君ハバネロにチンコ
酷いよ圭ちゃん…くっ…
ガチャピンチャレンジ
ポッポのようすが…
孤独のカレーパンマン
絶対に事故らない車
奇妙な英単語ジョジョ単
節子…ドロップやない
新ジャンル「ツン辺」
和んではいけないスレ
全く新しい形のブーン
都道府県がどんどん水没
あずまんが大王OPパロ
目の錯覚
AA作るからごめんね
十三年後のしんちゃん
それがVIPヌクモリティ
「Dora/stay night」
おい中学生♀だけど
一番笑った画像
バレインたん
萌え三国志
お兄ちゃん…見て…
セリフのないドラえもん
奈須きのこ風吉野家
ジャンプ作者の顔
天上天下ミス??

スポンサーサイト

<< 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その3 <<
>> 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その5 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告|
  3. |

自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その4

<< 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その3 <<
>> 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その5 >>


この物語はフィクションです。実際の人物・団体には一切関係ありません

201 2007/01/07(日) 20:03:44.65 ID:s936oG6t0
「行って!!」
「マタマ!!」
 マミが泣いている。
「ありがとう!!」
 僕はミサキを放し、マミの方へ走る。
 そして、突き飛ばす。
 マミは階段を転げ落ちていった。
「……またね」
  電子音が、途切れた。
  

 【20人】  
 

補足:マタマは少しウホッ気味な奴



202 2007/01/07(日) 20:04:53.17 ID:s936oG6t0
<訪問>
 かなり大きい爆発音で、私は飛び上がった。
 そしてドアの方を確認した。
 ……良かった。誰も居ない。
 教卓にふらふらと座り込む。
 疲れた。怖くて寝ることが出来ない。
 ユカが殺される放送。遠くから聞こえる銃声。そして今の爆音。怖すぎる。
 鼻水が出そうになり、私は後ろのロッカーに入っていた箱ティッシュを使った。 
 1年4組に、私植木結は篭っている。
 目覚めたのも1年4組。
 寝ずにずっと机の陰に隠れていた。
 あーミキカ、何やってるのかな。生きてるかな。
 誰かと喋りたい。出来ればミキカが良いな。
「植木ー、生きてるかー!」と声をかけて欲しい。
 そして「うるさい! お前なんて死んでれば良かったんだ!」みたいな感じで少し口喧嘩して。
 一緒に行動したいな。
 実はあの扉のむこうから、覗いてたりしないのかな。
 私は、もう一度扉のガラスを見てみる。
 誰も居ない。



203 2007/01/07(日) 20:05:24.78 ID:s936oG6t0
 むしろ居ないほうが良い。ミキカが居るなんて限らないし、殺される確率の方が高いから。
 憂鬱だ。私みたいな人が、殺し合いなんかで生き残れるわけもない。
 でももしかしたら、ずっとここに隠れれて気がついたら
最後の一人になってる、みたいなことがあるかも知れないな。
 そうだと良いな。死ぬのはとても怖い。まだこの世には未練がたくさん残っている。
 
「植木ー」
 扉が音をたてて開いた。
 私は声をあげて驚いてしまう。そして無意識に扉の方を見た。
「……ミキカ?」
「いや、岩崎じゃないよ」
 低い、だけど優しい声。
 小松友也が居た。
 片手にリュックを持っている。彼は私に微笑みかけた。
「生きてるか?」
「う……うん」
 大丈夫だろうか? 小松のことはあまりよくわからない。
 無口で、前田と蔵根といつも一緒に居て、バスケ部だ。
 そのくらいしかわからない。良い奴なのか? 私を殺さないかな?



204 2007/01/07(日) 20:05:55.21 ID:s936oG6t0
 小松は私の方に近づいてくる。
 私はそれにあわせて後へ下がった。
「い、いや。俺武器持って無いから。安心して」
 小松はホールドアップする。
 頭の中では、大丈夫、小松は殺さないと主張する自分と、
いやいや安心させて殺す気なんだと叫ぶ二人の自分が喧嘩していた。
「俺さ、武器でおにぎりが5個当たったんだ」
「え?」
 小松がいきなり話すので、聞き取れなかった。
「いや本当に。武器の変わりにおにぎりが5個入ってたんだ」
「え、本当?」
 さっきから声が震える。だが小松に私を殺す気はなさそうな気がしてきた。
 小松はリュックの中をまさぐって、アルミニウムでまかれたおにぎりらしき物体を2個とりだした。
「だから、おすそ分けに来たんだ」
 毒。
 毒だ。
 毒なんだ。
 私の頭の中の自分が猛烈な勢いで叫んでいる。
 落ち着け私。普段全然私と話さない小松が、善意でおすそわけにくるはずなんてない。ありえない!
 私を毒殺するつもりだ。絶対そうだ。
 どうしよう。どうやって断ろう。 



205 2007/01/07(日) 20:06:18.75 ID:s936oG6t0
「いや、毒は入って無いよ。俺すでに2個食べたし。なんなら毒見しようか」
 おにぎりのアルミニウムを剥がすと、小松は一口それを食べて見せた。
「大丈夫」
 そしてその一口食べたおにぎりと、まだ包まれているおにぎりをを私に手渡す。
「植木になんの恨みも無い。殺すわけないじゃん」
 お腹が鳴った。そういえばこの殺し合いが始まってから何も食べていない。
 そして何故か涙がこぼれてきた。
 私は猛烈な勢いでそのおにぎりにかぶりついた。
 味はあまり感じない。少ししょっぱいのを感じる。だが、おいしかった。
「良かった。やっぱり、コッペパンだけだったら腹減るよな」
 私の顔を見ながら小松は微笑んだ。
 


206 2007/01/07(日) 20:06:47.92 ID:s936oG6t0
私は30秒と立たないうちにそのおにぎりを平らげた。
 お礼が言いたかった。危険を冒してまでおすそ分けにきてくれた小松に。
 だがあまり話さない男子にどうやって感謝の言葉を述べればいいのか、わからない。
「……わざわざありがとう」
「いやいや」
 小松は一礼してから、ドアのほうへ向かって歩いていく。
 そしてドアの前で立ち止まる。
「俺さ」
 彼は振り返った。真面目な表情を浮かべている。
「こんな理不尽な殺し合いなんて納得いかないんだ。
だから、皆で助け合ってで生き残る方法を探したい。頑張って、最後まで生き残りた
いんだ」
 そういうと、私の返事も待たずに小松は教室を出て行った。
 あとには、呆然としている私とまだ手をつけていないおにぎりが一つ残された。



207 2007/01/07(日) 20:07:26.42 ID:s936oG6t0
<半端>
「真玉橋光と祐川美沙希が禁止エリアに引っかかって死んだ」
 PSPを見ていた館入が唐突に喋りだす。だがその唐突さにも慣れてきたところだ。
「……禁止エリアに? マタマはわからないでもないけど、スケミがひっかかるなんて信じられない」
「そこがバトルロワイアルの面白い所じゃん」
 さっきの爆発音はそのせいか。ついさっき佐藤知香と潟端翔が
長谷に殺されたから、これで生存者は20人か。
 俺は窓の外を眺める。ごく普通の風景が広がっている。
 自転車小屋の前に立っている木が風でゆれている。天気は昨日とはうってかわって晴天。
 雲ひとつない。だが理科で先生が雲が無い日こそ寒いとか言ってたっけ。
「前田」
「何?」
 館入の声がして、俺は館入の方を見る。
「今日は居眠りしないんだな」
「……お前、俺=居眠りとか思ってるだろ」
「そうじゃないのか?」
「馬鹿野郎、俺だってこんな非常事態に居眠りするような愚か者じゃないよ」
「そうだったのか」
 館入は少しだけ微笑む。
 奴の微笑みを久しぶりに見た気がした。



208 2007/01/07(日) 20:07:44.90 ID:s936oG6t0
「さっきからヘッドホンつけて、誰を盗聴してるんだ?」
「近藤」
 近藤、か。
 確か館入は近藤にいじめられていた。
 たまにブチ切れる館入が怖かったのを覚えている。 
「で、何か面白いことやってるか?」
「うーん。予想通りの展開すぎてつまらないかな」
 館入はヘッドホンを頭から外し、俺を手招きする。
 俺は少しためらった。朝聞いた川原の渋谷殺しが頭の中に蘇る。
「俺……いいよ」
「そうか」
 館入はヘッドホンを自分の頭にかけなおした。
 俺は再び窓の外を眺める。
 そういえば、人が全然歩いていない。
 封鎖でもされているのか。
 そんなことを考えた。
 
 そのうち、睡魔が襲ってきた。 
 まぶたが重い。           



209 2007/01/07(日) 20:08:23.44 ID:s936oG6t0
追記:この中に出演してる俺は誰だかわかるか?
   


213 御所 2007/01/07(日) 20:10:10.41 ID:OREBbwCT0
>>209
わからん。誰?



216 2007/01/07(日) 20:12:03.31 ID:s936oG6t0
>>213
男の中であんまり活躍してないやつ
誰かわかったらすごいな… 



230 御所 2007/01/07(日) 20:19:11.38 ID:OREBbwCT0
マジかww

PSPの人か、地図持ってる人?



231 2007/01/07(日) 20:20:03.48 ID:s936oG6t0
>>230
違うっす



233 2007/01/07(日) 20:20:49.24 ID:s936oG6t0
>>230
 屋上で目覚めた人です。



238 御所 2007/01/07(日) 20:22:32.05 ID:OREBbwCT0
>>233
なるほど。



210 2007/01/07(日) 20:09:03.29 ID:s936oG6t0
<激痛>
 畜生、畜生、畜生! 何で俺が。何で俺が。
 こんなはずじゃなかった。
 足があったところから血が猛烈に溢れ出す。
 何で、そんな、嘘だろ?
「あー、ごめん。うちさっきそこに地雷置いといたから」
 さっきから川原がそこで笑っている。
 何も出来ない俺を見下して、笑っている。
 ただ俺は湿布が欲しかった。
 2回の給食室で隠れてると、何か体が熱っぽくなってきた。
 風邪をひいた。体中が心なしかだるい。
 そんで湿布をでこに貼って、熱を冷まそうと思った。
 湿布はどこにあるか考えると、保健室が真っ先に思いついた。
 だから、保健室へ向かった。
 それだけ。
 なのに、いきなり足元が爆発して向かい側の会議室に吹っ飛ばされた。
 猛烈な痛み。やばい、敵が来る。死ぬ。殺される。
 立ち上がろうとした。だが、立ち上がれない。
 足が、無かったんだ。
 足が根元からまるごとなかった。



211 2007/01/07(日) 20:09:34.51 ID:s936oG6t0
「まさか保健室の入り口に地雷がしかけてあるなんて、思いもしなかったでしょ?」
 川原は普段浮かべないニヤニヤ笑いを浮かべている。
 こいつ、こんな奴だったっけ。可愛くて、頭が良くて、男子からモテる。そんな奴じゃなかったっけ?
「痛いでしょ? 苦しいでしょ? そりゃ足が1本ないんだもんね! 痛いに決まってるよ!」
 急に俺の体を痛みが襲った。いや川原に気をとられていて痛みを忘れていた、と言った方が良い。
 猛烈……激烈…死ぬほど…いや、そんな言葉でこの痛みを表すことはできない。
 痛いのだ。とにかく、痛いのだ。生まれてこのかたこんな痛み味わったことがない。
 俺は床をのた打ち回った。
「はははは! 無様だね! 私が手を下さなくても全然OKみたーい」
 川原は保健室の方へ戻っていった。
「じゃあね弘幸。運が悪かったね。アハハハハハ!」
 扉を閉める音がした。
 ああ……誰かこの痛みをなんとかしてくれ。
 足がもげそうだ。もうもげているが、痛い痛い痛い痛い痛い。
 いっそ、誰か殺してくれ。
 痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。
 畜生! イテェ! 痛いんだよ!! 誰か、助けてくれよ! 痛いんだよ!!    
 


212 2007/01/07(日) 20:09:59.79 ID:s936oG6t0
 突然、痛みがやわらいだ気がした。
 視界が白くなっていく。
 
 【19人】



214 2007/01/07(日) 20:10:33.28 ID:s936oG6t0

<悪夢>
 ボウガンを下ろした。
 近藤はもう死んだみたいだ。
 さっきまで狂ったみたいに床を転がりまわっていたが、今はもうピクリとも動かない。
 ボウガンの矢は近藤の頭に刺さっている。 
 ……瞳も、ひどいことするな。 
 
 琢磨を殺した私は、琢磨の荷物を自分のリュックに入れてあてもなく廊下を彷徨った。
 誰も見当たらない。爆発の音と銃声はしたけど、それ以外は何も。
 皆どこに居るのだろう? 教室の中に入っているのかな?
 何だか、何もかもどうでも良くなった。
 どっと、疲れた。
 私は放送室の前のちょっとしたスペースに座った。そして眠りについた。
 そして、夢を見た。



215 2007/01/07(日) 20:11:01.38 ID:s936oG6t0
 暗いところで、遠藤がこっちを見ている。
 私は遠藤に近づこうとする。だけど、近づけない。
 どんどん遠藤はそっちに行ってしまう。
 どれだけ頑張って近づこうとしても、遠藤は向こうに行ってしまう。
 ……怖かった。
 何だか、遠藤が死んだような気がした。
 行かないで、行かないで! 遠藤、行っちゃ嫌だよ、遠藤!!
 必死で叫んだ。でも無理。遠藤はどんどん離れていく。
 そして、消えてしまう。
 私は、暗闇にポツンと取り残された。

 耳が壊れそうになるくらいの轟音。
 暗闇から学校に戻る。
 すると、近藤と瞳が居た。



217 2007/01/07(日) 20:12:19.20 ID:s936oG6t0
 話の内容から推測して、近藤は地雷を踏んで足が無いらしい。
 狂ったようにもがいている。 
 英語の教科書で地雷を踏んだマラソンランナーが出てきていた。
 その影響か、地雷を踏んでも生きられるのだ、と思い込んでいた。
 だが、そんなに甘っちょろいものじゃないみたいだ。
 確かに生きることは出来る。だが、激痛を伴う。
 近藤を見て、地雷の恐ろしさが改めて感じられた。
 でも、この感じは何だ?
 すぐ目の前に死にそうな人がいるのに。
 まるで映画を見ているみたいだ。



218 2007/01/07(日) 20:12:44.30 ID:s936oG6t0
近藤を痛みから解放してあげた私は、ボウガンをポケットにしまった。
 琢磨の血が少しだがこべりついている。
 ……遠藤を、探そう。
 私は遠藤のことが、好きだ。恋愛感情とかじゃなくて、親友だ。
 リュックを背負って立ち上がる。まず1階を探してみよう。それから2階を探そう。
 神様、お願い。願いをかなえて。
「遠藤が、まだ死んでいませんように」
「あら、千明」
 振り向かなくてもわかった。
 だが振り向いた。予想通り。瞳だ。
「どこに行くの? うちにも教えてよ」
 彼女は微笑んでいる。
 大きい銃を抱えている。
 
 体が、固まってしまった。 
   
 嫌、だ。死にたく、ない。



219 2007/01/07(日) 20:13:25.55 ID:s936oG6t0
 
<放物>
 
 何気なく木工室に入ったのは、やはり正解だった。 
 誰もいないし、凶器が山ほど存在したからだ。
 ノコギリ、カンナ、鉄やすり。
 その他大工用具色々。これで近距離の武器には不自由しないな。 
 あとは桂湖を探すだけだ。色々詰め込んだせいで少しリュックが重くなった。
 私は机の上に寝転ぶ。普段なら怒られるだろうが、今は誰も居ない。少しだけ得した気分だな。
 
 そうだ、私益田奈央は蔵根を殺したんだよな。
 相変わらず殺し合いをしているという実感が沸かない。時計は2時をさしている。
 もう殺し合いが始まって12時間が経つ。だけど、全然わからない。
 夢じゃないかな。まだそう思う。とても長い夢。
 そんなことありえないんだけど、でもそう思ってしまう。
 ……普通こっちの方がありえないんだけどね。バトルロワイアルなんて。



220 2007/01/07(日) 20:14:23.55 ID:s936oG6t0
憲法が改正されたのは、親が言っていた。学級通信にも書いていた。
 だが、まさかその中にBR法が入っていたなんて。両親がちらっと言っていたのを思い出す。
「試験的にBRを日本でやるんだって。岐阜は大丈夫かしらね」
「大丈夫だろ。全国で一校だって首相が言ってたし。こんな田舎の学校が選ばれるわけないよ」
 お父さん。選ばれたんだよそれが。
 私は可笑しくなって一人で笑ってしまった。傍からみたらただの怪しい人だろう。
 だが見ている人など居ない。笑うのを止めた。虚しくなる。

 機械の音。
 音が、聞こえる。
 起き上がって耳を澄ましてみる。
 何かを切るような音。ウィーン。そんな音が聞こえる。
 これは……何の音だろう。
 音の出所は、黒板側の出入り口。
 あの向こう側で、何かが動いている。



221 2007/01/07(日) 20:15:12.61 ID:s936oG6t0
 少し眠たい目をこすり、立ち上がる。 
 次第に恐怖という心が芽生えてきた。
 ……まさか、凶器か。
 誰か居るのは間違えない。
 誰だ。誰が居るんだ。
 冷静に考えてみる。そして、あるものが頭のなかに浮かんだ。
 チェンソー。それだ! チェンソーが動いている。
 向こう側にいる奴は、私をチェンソーで切り殺そうとしてるんだ!
 
 とっさにリュックの中をまさぐる。
 鎌。ノコギリ。鉄やすり5本ほど。
 ……威嚇しよう。
 こっちにも武器があるってことを知らしめてやるんだ。
 そしたら相手も少しは驚くだろう。その時がチャンス。 
 相手は扉の下側に隠れている。だから、扉のガラスを割れば多少ダメージを与えられるだろう。
 ガラスが相手に突き刺さる。そしたらこの部屋を出よう。出来ればあまり殺しはしたくない。
 ……チェンソーの音が耳障りだ。何となくむかつく。
 私は鉄やすりを手に持ち、黒板の横の扉めがけて思いっきり投げつけた。
 放物線を描いて鉄やすりは飛んでいく。
 少し大きめのやすりだったので飛んでいくか心配だったが、見事扉のガラスに命中した。



222 2007/01/07(日) 20:15:53.92 ID:s936oG6t0
 
「うわっ!」
 ガラスが派手な音を立てて割れる。それと同時に、ものすごい悲鳴が聞こえた。
「ぎゃあああああああああああ! ちょ、な、痛っ! ああああああああああぁぁぁぁぁ!!」
 ガラスが刺さったにしては少し大袈裟すぎるリアクション。相変わらずチェンソーの音は鳴り続けている。
 何かが飛び散る音。味噌汁をこぼしたような、そんな音も聞こえた。
 少し怖くなった。悲鳴が大きすぎる。動物のような悲鳴が私の鼓膜を破きそうなくらい聞こえてくる。
 ……出よう、木工室を。怖い。
 リュックを背負った。武器が増えたせいで、少し以上重くなっている。
 チェーンソーの音は、まだ響いていた。
 
 【18人】



225 2007/01/07(日) 20:17:34.13 ID:s936oG6t0
 
<極端>


 あー。
 私、何やってんだろ。

 大の字になって視聴覚室で寝ていた。
 広々とした部屋なだけあって、開放感がある。
 だが気分は一向に優れない。
 直ちゃんの無表情な死体がまた頭に浮かんでくる。
 ……気持ち悪い。
 私は起き上がった。お腹が減った。
 さっきコッペパンは食べてしまった。水も飲んだ。もう何も無い。
 また大の字になって寝転ぶ。
 ……奈央、何やってるかな。
 ケイコ、アヤナ。何やってるかな。
 生きてるかな。死んでるかな。
 まだ、楽しくやってるかな。
 もしかしたら、もう死んでるかもしれない。
 ……止めよう。欝になるだけだ。



226 2007/01/07(日) 20:18:07.95 ID:s936oG6t0

 扉が開く音がした。
 私はゆっくりと体を起こす。
 本当は逃げるべきなのだろう。銃を構えるべきなのだろう。
 だが、何だか体が重くて思い通りに動かなかった。
 
 目をこすった。
 え、こんなことありえるの?
 もう一度目をこすった。
 それは消えない。
「……あ…あやな?」
 扉の前に立っていたのは、高田彩那だった。
「あやななの?」
 涙がこぼれそうになるが、堪える。
 こんな久々の再開で、かっこ悪いところは見せられない。
 嬉しかった。やっと友達と再会できた。
 仲間割れしたこともあった。けど、仲直りした。 
 かけがえのない、私の友。
 去年の9月にアヤナが転校してきて、気がついたら友達になっていた。
 アヤナは人によく気を使う。そして優しい。たまに毒舌。
 ガサツな私にはないものを持っている人だ。
「生きててよかった!」
「来ないでミキカ!」
 アヤナが叫んだ。
 私は面食らった。



227 2007/01/07(日) 20:18:28.54 ID:s936oG6t0
「ど……どうしたの?」
 アヤナは泣きそうな顔でこっちを見ている。 
「とにかく、来たら駄目!」 
「アヤナちゃん、何余計なこと言ってるの?」
 静電気が流れたような音がした。
 鈍い音とともにアヤナが倒れる。
「言った通りにすればいいのにさ」
 扉から、また新たに人が出てきた。
 ……今度こそ死ぬかもしれない。
 探知機のような小型機械をもったチホと、サーベルを持った奈々子ちゃんが
アヤナの体を踏みつけて視聴覚室に入ってきた。
 「ミキカちゃんは、良い人? 悪い人?」
 奈々子ちゃんは微笑む。サーベルの血を舐めながら、微笑む。



229 2007/01/07(日) 20:19:09.83 ID:s936oG6t0

<直感>
 

「喉渇いた」
 遠藤の声で目が覚めた。「喉渇いた」という言葉で目が覚めたのは生まれた初めてだ。
「……水切らしたのかよ」
「いつの話してるのコウタ。もうとっくの昔に切らしてるよ」
 時計を見る。4時ちょっと前。外は薄暗くなり始めていた。
 遠藤が空のペットボトルを指差している。
「水汲みにいかない?」
「危なくないか?」
「何言ってるのコウタ」
 チッチッチと言いながら、遠藤は指を振った。
「その便利マップは何の為にあるのさ」
「あ……」
 そうでした。このマップがありました。1本とられた気分。遠藤は誇らしげに微笑んだ。
「じゃ、行こっか」
「え? 僕も行くの?」
 もう一眠りしたい気分だった。
 あまり睡眠をとっていないので、安全な今のうちに寝ておきたかったのだ。
 だが遠藤は残酷である。
「当たり前じゃん。女の子を護衛するのは男の子って昔から決まってるんだよ」
 そんな決まり聞いたことないぞ。



232 2007/01/07(日) 20:20:25.46 ID:s936oG6t0
でも、遠藤一人で出て行ってそのまま殺されるってのは……嫌だな。
 後味悪いし、仲間は一人でも多いほうが良いもんな。
「よしわかった。僕が遠藤の周りに敵がいないか調べるよ。
それなら危なくないだろ? 安全に水汲めるだろ?」
「コウタさ……もし誰かが襲ってきたら戦える武器あったっけ?」
「う……」
 そういえば、無い。
 敵が襲ってきたとしても対応できない。津波が来るとはわかっているけど家に居るのと同じだ。
 これじゃ、水汲みどころか生き残るのが不可能になってしまう。
「そ、そういえばさ。遠藤の武器って何なんだよ?」
「遠藤の武器?」
 自分のことを自分の苗字で呼んだよな遠藤って。珍しい。
「催涙スプレー」
「何とも微妙だな」
 しまった。思ったことがそのまま口から出てしまった。
 銃とかナイフとかそういう武器じゃないのか。使えない。
 ……でも無いよりはましか。少なくともDSで殴るよりは使えるだろ。
「よし。じゃその催涙スプレー持って水汲みに行こう」
「おっけー。コウタ、遠藤がピンチになったときは助けてよ」
「逆に僕が助けて欲しいくらいだ」
 マップにちらっと目を通す。
 35分の18。丁度半分くらいが死んでいる。



234 2007/01/07(日) 20:21:13.06 ID:s936oG6t0
 結構ペースが早いな。3階が禁止エリアになったから、2階で殺し合いが勃発してるのかもしれない。
 2階のマップを見ると、瞳と小原の番号がついた点が保健室の前に居るのが目に入った。
 ……異色のコンビだな。
「おい遠藤、小原と瞳が一緒に行動してるみたいだよ」
 何気なく遠藤に声をかけた。
 ドアの前で、遠藤が固まった。
 少し驚く。僕、なんか悪いこと言ったかな?
「……コウタ」
 さっきまでとは、確実に声色が違う声で遠藤が言う。
「2階行くよ」
「は?」
「2階行く」
 遠藤は僕のほうを向いた。
 その目は、怒ったときの中山先生の目に似ていた。
 抗議しても聞いてくれなそうだ。
「……小原のとこに行くのか?」
「早く行くよ」
 遠藤はドアから出た。
 僕も慌ててそれに続いた。
 
 5組から出る時、片手に持った地図をまた見た。
 保健室の前の点が、一つ消えていた。 
 
 【17人】  



235 2007/01/07(日) 20:21:49.24 ID:s936oG6t0
<偶然>
 私はその場に寝転がる。体中が痛い。
 目の前には、死体が二つ。
 近藤の足がない死体と、瞳の首から血が流れている死体……まだ死んでいるかはわからないが。
 でもあれだけ首から血を流せば、普通死ぬだろう。
 死なないとおかしい。頼むから、死んでいてくれ。
 ついさっきまでの出来事が、走馬灯のように私の頭の中に浮かんだ。
 
「どこに行くの? うちにも教えてよ」
 瞳が優しげな微笑みを浮かべる。手に大きな銃を抱えて、優しげな微笑みを浮かべている。
 体が、動かない。
 私、死ぬのか。
 ポケットにはボウガンが入っている。だけどあんな銃に抵抗できるわけがない。
 しかも矢はあと1本しかないのだ。そのボウガンも体が固まって、出すことが出来ない。
「何、教えてくれないの?」
 瞳がこっちにゆっくりと近づいてきた。
「当ててあげようか。あなたがどこに行くか」
 全身から汗が滝のように流れ出す。
 何か、言わなくちゃ。じゃなきゃ、何をされるかわかったもんじゃない。
「ど、どこにも、行かない、けど」  
 やっとのことで一文捻り出した。
 マラソンを終えた後のように、息がものすごく上がっていた。



237 2007/01/07(日) 20:22:21.73 ID:s936oG6t0
「へぇー」
 瞳には私の言動がとても面白いようで、満面の笑みを浮かべている。
 蛇に睨まれた蛙というのは、こんな感じなんだろうな。
「うちはね、こう思うの。千明は沙耶に会いに行きたいんだ」
 図星。その通りだ。……何故わかっのだろう。
「さっき千明、遠藤のところに行こうって呟いてたじゃない。それでわかったんだよ」
 瞳はアハハハと笑う。
「な…何が可笑しいの」
「え? だってさっきから千明、面白いほど怯えてるんだもん。アハハハ」
 いつもの瞳じゃない。いやこっちが素なのか。
 とにかく怖い。ここから離れたい。
 だが逃げたらあの大きい銃で撃たれるような気がする。でも逃げたい。だが体が動かない。
「そうだ千明、面白いこと教えてあげようか」
 耳を塞ぎたかった。瞳の声を聞きたくない。さっきの近藤にかけていた言葉を思い出す。
 怖い。助けて。助けて遠藤。
「うちさっきね、沙耶殺したんだよー」
「え?」
 急速に周りの風景の色が無くなっていく。
 白黒の空間に、私と瞳だけが居るような錯覚。
 うちさっきね、沙耶殺したんだよー
 うちさっきね、沙耶殺したんだよー
 その言葉が私の頭の中で何重にもなって響いた。
「この銃で、撃ったんだ。あっけなかったね。人間って、死ぬのはかなりあっけないからね」
「少し黙れ」
 少し黙レ。お前の声などキキタクナイ。
 頭がくラくラすル。ドコかに寝転がリたい



241 2007/01/07(日) 20:23:09.25 ID:s936oG6t0
補足:小原は遠藤にウホッの反対だと思って下さい。



243 2007/01/07(日) 20:26:01.03 ID:s936oG6t0
「何千明ムキになってるのさー。嘘に決まってるでしょ嘘」
 また瞳の軽薄な笑い声。
 突然、体が軽くなった気がした。
 私はとっさに後ろを向き、走り出す。
 ここに居てはいけない。心が変になる。殺される。
 今は遠藤に会わなきゃ。合流しなきゃ。
 まさか、死んでるはずないよね。
 そんなこと、あるはずないよ、ね。
 
 銃声とともに体が、宙に浮いた。
 何が起こったのかわからない。景色がスローモーションで動いている。
 周りの景色が回って、回って。
 だんだん体が下に落ちて。落ちて。落ちて。
 激痛が走った。放送室の扉に体が叩きつけられる。猛烈な吐き気。内臓が上に上がってくる感覚。
 そして、笑い声。
「逃がすわけないじゃない」
 高い、勝気な瞳の声が聞こえた。
 目を半分開けて、瞳を見上げてみる。
 瞳は銃を抱えて保健室に入ろうとしていた。
 とても大きい銃だ。さぞかし威力があっただろう。
 一つありえないことに気がついた。
 
 なんで、私は撃たれたのに生きてるんだろう。 



244 2007/01/07(日) 20:26:38.87 ID:s936oG6t0
 素早くポケットからボウガンを取りだす。そして狙いを定めるまもなく撃った。
 あっけなかった。瞳の言う通りだった。
 首に刺さっている矢。体がその場に倒れた。銃も床に音をたてて落ちた。
 血が、すごい勢いで床に広がっていった。
  
 私、生きてる。
 生きてるよ。なんとか、生きてるよ。
 かすかに瞳が呻いたのが聞こえた。
「うち……が…なんで…」



247 2007/01/07(日) 20:33:22.35 ID:s936oG6t0

<索敵>
 

「川原瞳が小原千明に殺された」
 館入の棒読み声。俺は驚く。
 あいつ、今日の朝琢磨も殺している。一体、どんなすごい武器持ってるんだよ。 
「そうか……小原、すごいな」
「そう?」
 PSPを眺めながら、館入は呟く。
 さっきから激しく操作しているが、一体何をしているのだろう。
 外を眺める。もう外は暗くなりかけている。
 電気がつけたり消えたりしている古い街灯が見えた。
「この首輪の爆弾を解除するのは、どうやら無理らしい」
「そりゃ無理だろ」
 即座に返答する。いや、無理だろ。
 中学生に解析されたらこのバトルロワイアルが成り立たない。
 逃げる奴が続出だ。館入を通常の中学生として捉えていいのかは謎だが。
「正確に言えば時間が少し足りない。あと3日あればこんなプログラム、簡単に解析して壊している」
「……もう腐るほど言ってるけどさ、館入。お前って、本当に天才だよな」
 館入は答えない。興味がないようだ。
 昼が、終わる。



249 2007/01/07(日) 20:34:02.01 ID:s936oG6t0
 館入の死人リポートを聞いていると、川原の前に死んでいる佐藤美咲で学級の半数が死んだらしい。
 ちなみに佐藤美咲の死因はチェーンソーによる自殺。
 度胸ある奴だ。俺なら絶対そんな自殺はしないだろう。第一想像するだけでも痛い。
「前田」
「ん」
「そろそろ俺たちも行動を開始する」 
 ヘッドホンをリュックの中にしまいながら館入はそう言った。
「ずっとここに隠れているわけにもいかない。83%の確率で高橋孝幸か小松友也がここを訪れる」
「高ちゃんが?」
 存在を忘れていた。そういえば、高ちゃん居たな。
 そして、友也。まだ生きてるってことか。
「友也と合流出来るなら、ここに居ていいんじゃないか?」
 館入は俺のほうを見る。すでに第二美術室は薄暗くなっていたので、表情はよく見えなかった。
「前田。俺たちの目的は何だ」
「何って、生き残ることでしょ」
「生き残るのに小松友也は必要ない」
 言い放った。少しだけ腹が立つ。だが、口には出さないことにしよう。
 下手なことを言うといつ殺されてもおかしくないからな。



自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その5
  1. 2007/01/09(火) 02:44|
  2. ニュー速 VIP|
  3. |
<<自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その3 | ホーム | 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その5>>
ハンドルネーム占いが大吉でした!嬉しいです><
<<自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その3 | ホーム | 自分のクラスでバトロワする妄想した奴ちょっとこい その5>>

月別に見る

2007年  ・8月7月6月5月4月3月2月1月
2006年  ・12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2005年  ・12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月

Search

Google


イミフ内 WWW

カテゴリー


アクセスランキング アクセス解析

スレ紹介、意見希望です

広告ウザスだったので
新しいメールフォーム
借りてみました><
コメントのレス的なもの

順不同、クリックで開きます
★ニュースサイト

★2ちゃん系

逆アクセスランキング
 ありがとうございます><
絵をくれた人達
ココにもあるです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。